SEOコンサルティング

Webサイトの効果性を最大限に高める「Webマーケティング施策」をお客様に提案します。

Webサイトの効果性を最大限に高める"Webマーケティング"施策

SEOとは、端的に言うと「インターネット検索にて上位表示を狙う施策」です。
しかし、我々が行うのはそれだけではありません。
上位表示を狙う目的はなんでしょうか?それは、「Webサイトを通じた集客率、売上率の向上」です。
そのためにはインターネット検索での上位表示だけでは不十分です。

ユーザーの検索背景を分析し、本当にその情報を必要としているユーザーに、情報を届けること。またユーザーの課題を的確に理解し、それを解決することのできる内容。そしてユーザーが途中で離脱することなく、Webサイトを最後まで閲覧してもらえる、サイト構成やページ構成も必要になります。
我々はこのような、Webにおけるマーケティング施策をお客様に提案します。

ユーザーに評価されることによって、検索エンジンからも評価されるWebサイトの制作

SEOの対象となる検索エンジンは、日本において最大のユーザー数を持つ「Google検索エンジン」です。Googleは、「ユーザーの利便性を第一に考え」、日々検索アルゴリズムのアップデートを行っています。よって、「ユーザーに評価されるWebサイト」こそが、「Google検索エンジンに評価されるWebサイト」となります。
我々は、ユーザーにとって満足度の高いコンテンツを提供することで、検索エンジンからも評価されるWebサイトの制作を提案します。

SEOコンサルティング事業の取り組み

以下の要素によって、お客様のWebサイトの効果性を最大限に高める提案を行います。

  • ユーザーのインサイト(真のニーズ)の分析
  • 競合の分析
  • Webサイトの効果性を最大化する検索キーワードの選定
  • 選定したキーワードで上位を狙うサイト構成、コンテンツ制作
  • ユーザーの離脱を防ぎ、サービス利用を促進するページ構成
  • ユーザーのサイト利用状況を解析し、継続的に改善

ユーザーのインサイト(真のニーズ)の分析

ユーザーの検索行動の裏には、検索キーワードからだけでは判別しにくい"真のニーズ"があります。
「よく一緒に検索されるキーワード」や「検索結果に見られる傾向」から、ユーザーのインサイト(真のニーズ)を分析します。

競合の分析

競合他社や競合サイトの流入経路やサイト構成を分析し、ユーザーのニーズとサイト上におけるユーザ行動を分析します。

Webサイトの効果性を最大化する検索キーワードの選定

ユーザーの検索行動には、情報探索のフェーズが存在します。
「気になっただけ」で検索しているフェーズ、解決したい課題が発生し、情報を集めているフェーズ、解決のための具体的な行動を行っているフェーズ、などがあります。
このうちお客様のWebサイトの効果を最も発揮することのできるフェーズを特定し、そのフェーズのユーザーをターゲットとした検索キーワードを選定します。

選定したキーワードで上位を狙うサイト構成、コンテンツ制作

サイト構成、HTMLマークアップ、ページ構成等を最適化し、検索エンジンに評価されるWebサイトを構築します。
また、より幅広いキーワードからの流入の獲得や、コンテンツ強化によるサイト全体のSEO評価の底上げを狙った、コラム等のコンテンツ制作の提案、ディレクションを行います。

ユーザーの離脱を防ぎ、サービス利用を促進するページ構成

ユーザーの動線を分析し、ユーザーの満足度を上げ、コンバージョン(問い合わせ、申し込み等)またはサイト内別ページへの回遊へとスムーズに導くページ構成を提案します。

ユーザーのサイト利用状況を解析し、継続的に改善

ユーザーの流入経路や、回遊率・離脱率、ページにおける動線を解析し、継続的に構成を改善していきます。
また日々アップデートされる検索エンジンの評価基準に追随して、検索エンジンからの評価を維持、改善します。

弊社の強み

上記の戦略的なWebマーケティング施策に加え、弊社のWeb制作事業部と協力し、精度の高いWebサイトを制作することができます。
SEO施策は、Webサイトの統括的な改善によってより効果を発揮するため、サイトをリニューアルする必要も発生するかもしれません。弊社ではWebサイト制作のノウハウを持つエンジニアとも連携した対応ができるため、質の高いWebサイトと的確なWebマーケティング施策を実現することができます。

お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る